風俗千夜一夜風俗にて個性的なやりとりをしたことありませんか?/デリヘル嬢に調教

バイブのスイッチ入れたまま指令

この前の週末、数週間ぶりに出張先の福岡でデリヘルを利用しました。黒髪で真面目そうな顔立ちなのにFカップ巨乳というお気に入りの風俗嬢Aを指名し、ホテルで待機します。福岡に出張に来た時に何度か指名していて、LINEのIDを教えてもらっていたので、あるお願いをしておきました。

その後まもなくAが到着しましたが、そわそわした様子でゆっくりと私の横に座ります。「ねぇ、もう止めてもいい?」
Aは私にもたれかかりながら、そう懇願してきました。俺が止めるから、と彼女のスカートをたくし上げ、下着の膨らみを優しく撫でます。

「あっ…」
途端に彼女が喘ぎ出し、息が荒くなってきました。ホテルに着いたらバイブのスイッチを入れるように指示していたのですが、もうぐっしょり濡れています。まだ止めたらダメだよ、と下着の上からバイブを押し付け、そのまま唇を塞ぎます。んっ、んっ、と身をよじらせていましたが、まだやめる気はありません。そのままバイブを激しく動かすと、彼女はびくっとしてイッてしまいました。誰がイッていいって言った?と言い、そのまま続けてバイブでぐりぐりします。
「あっ、ごっ、ごめんなさい…あっ」
激しく身悶えするのを見ていたらこちらもそそり立ってしまい、バイブから手を放して私のアソコを彼女の口に突っ込みました。咥えたかったのか、一心不乱でしゃぶりつき、あまりの吸いつきにそのまま発射してしまいました。お掃除フェラさせた後、バイブを止めてあげ、クリをいじりながらクンニしてあげます。
「あっ、いじわるぅ…」
と言いつつも、彼女は体をくねらせ求めてきます。そのままイカせてあげた後、素股とパイズリで2回程発射し、終了となりました。このエロさと従順さが堪らず、今も福岡に来る度に調教している最中です。

Copyright (C) 風俗千夜一夜 All Rights Reserved.